用字用語

■ NHK『NHK漢字表記辞典』/『NHKことばのハンドブック

■ 共同通信社『記者ハンドブック 新聞用字用語集

■ 朝日新聞『朝日新聞の用語の手引


字幕翻訳者の必携書、「用字用語辞典」。

用字用語(使用する漢字や送り仮名の準拠)には この3種類が使われます。

どれに準拠するかは媒体や会社さんによって違いますが、この3つのうちのどれかを基本に、「厳守」「柔軟に」などの指示をいただくことが多いようです。(もちろん、会社さん独自だったりシリーズごとの表記リストがある場合は それが最優先です☆)


*NHKと記者ハンはソフトもあるのでリンクを貼っておきます☆

(日本語入力支援の「ATOK」というソフトとの乗り合わせになります)。←ATOKは「アカデミック版」というのが安いみたいです。条件などはご自身でご確認ください!

申し送りに

【映画関係】

allcinema日本の映画データベースですが、稀に表記揺れがあるので要注意です^^;

IMDb  :映画データベース。英語ですが、たぶん全世界の映画のクレジットが確認できます。

■ 公式サイト:日本で公開されている映画やドラマについては、公式サイトも確認しておくと安心です。(たまに、allcinema と違うことがあります)。

【人名】

■『新アルファベットから引く外国人名よみ方字典』 :一般的な人名など。(日外アソシエーツ)

allcinema :映画やドラマ関係の人名・タイトルは、こちらで。

■ 歴史的な著名人の名前は、用字用語に載っているものもあるので要・確認です。(「シェークスピア」とか)。

外務省サイト現職の国家元首や一部官僚、歴史上の重要人物は こちらで拾えることも。

【地名】

■ 一般的な地名は用字用語に載っています。例:マドリード、ベルサイユ(×ヴェルサイユ)、ブダペスト など。

 ただ、マルセーユ→ 「マルセイユ」の方が今は一般的では? というようなものもあります。

外務省サイト 国名や首都の表記は、こちらに準拠。

■ 各種ガイド : 上2つで拾えない場合、ガイドブック(書籍)や旅行会社のサイトも便利です。ただし、会社によって違ったりページによって揺れがある可能性があるので確認が必要です。

【度量衡】

度量衡 寸法・距離/面積/容積/重量/速度/圧力/温度を換算してくれるサイトです。ブックマーク必須^^v

基本の辞書

リーダース』&『プラス

■  『ランダムハウス

( ↑ 英語の場合。他言語も、中辞書・大辞書クラスがあったほうがいいと思います)。

(フランス語なら、ロワイヤル新スタンダードロベール)。

便利なサイト(外国語)

英辞郎 on the WEB 言わずと知れた、ネットの辞書。用例が多くて便利です。

Urban Dictionary英語のスラング辞書。カナダのフランス語もここで見つかることが。

WordReference非ネイティブには分かりにくい表現など、フォーラムで質問したり、誰かが質問した内容&答えを閲覧したりできます。時々、明らかに自分と同じ作品、同じ箇所の翻訳でつまずき質問している他言語ネイティブさんがいて、面白かったり感謝したり☆

Inova    :単語や文章を入力すると、ネイティブが発音してくれるサイトです。

Forvo    :こちらは、登録されている単語を、ネイティブの発音で聞けるサイト。

Wikisource各国の古典(フリーソース)収録。作品に引用が登場する場合、原文を調べるのに便利です!(これで何章のどのあたりかを調べておき、翻訳書をあたったり)。なお、日本のフリーソースは青空文庫で読めます。

百科事典

学研キッズネット子供用のウェブ百科事典。解説が端的で気に入っております^^

■ 百科事典: 何かの概要を調べるのに、百科事典は非常に便利と感じています。私は図書館で調べていますが、オンラインの会員になるのも手かもしれません^^

■ Wikipedia: 内容の信頼性が低いことから「申し送り」には使わないことになっていますが、流れや概要を知るには、やっぱり便利です。

ことば

■『差別語・不快語』:無知ゆえに、配慮を欠いた言葉を うっかり使ってしまうことがないように…。必須ではありませんが、目を通しておくといいかもしれません。(「NGワードリスト」や「言い換え例」など、ネット上にも存在します)。記者ハンにも解説ページがあります。

■『数え方の辞典』: チョウチョは「匹」「羽」「頭」! サイトもあります。→ ★こちら★

■『類語辞典』  :表現の模索に…。私はネットで検索しています☆

■『NHK日本語発音アクセント新辞典』:字幕には あまり関係ありませんが、吹替のアフレコ現場(スタジオ)にはアクセント辞典が置いてありました!

日本語俗語辞典」:その言葉がいつごろから使われるようになったか、という年代の記載があり、助かります!